ホーム>女将の日記

女将の日記

松尾の歴史

201761114317.JPG

松尾のスタートは食堂からです。 

ここにある旅館は、昭和2年位のものです。食堂はその前と、いうことです。

 

交通の便が悪かった昔は、県庁から来たお役人さんが、宿泊して、役場に仕事に行ったり、

税務署の方が宿泊して、ここで税務の仕事をしたり、

宿泊と、事務所を、兼ねたような旅館だったようです。

戦中は、物々交換で、布団と野菜を交換してもらって食いつないだと、ききました。

戦後、もう一度食堂で、再出発をして、今の形になったそうです。

 

こんにちは

 昨年、リニューアルオープンさせて頂きまして、皆様に賑わっていただきありがとうございました。

これから、ブログの投稿もしていきますので、宜しくお願い致します。

201731015549.jpg

まずは、右が、大将の 松尾 修

仕入れ、刺身、味付け、夜は和みの、カウンターにいます。

左が息子の薫です。日本料理は、大将について修行中ですが、

夜はステーキコーナーでお客様と、対面でステーキを焼いてます。

どうぞよろしくお願い致します。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。